泉佐野市 ふるさと納税 300億円 amazonキャンペーンおすすめ – ページ 2 – ざったなぶろぐ
15000円が500円になるときって97%OFFらしいです・・
オンライン学習サイト

SQLを無料でオンライン学習

記事を開く

泉佐野市 ふるさと納税 300億円 amazonキャンペーンおすすめ

ビールとか酎ハイとか350ml缶のお酒たち

それではじゃじゃーんと一気に紹介します。

なお、金額はだいたいです。

正確な金額が知りたい人はそれぞれリンクを貼っていますので直接確認してください。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

ザ・プレミアム・モルツ(24本)
Aコース Bコース
必要納税額 15000円 22500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 4500円 4500円
返礼品の価値 5600円 5600円
実質返礼率 37% 25%
差額(お得?) 1100円 1100円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 3000円 6750円
金銭的な恩恵 8600円 12350円
恩恵の割合 57% 55%
【備考】
ザ・プレミアム・モルツ 『19年新型電動式神泡サーバー』&『泡持ち1.2倍グラス』付き [ 350ml×24本 ]

備考にも書いていますが、今だけセットがついているものと比較しました。これらのオプションアイテムは買えば1000円ぐらいすると思いますので実質、お得度はかなり高くなるのではないかと思います。

 

次に発泡酒系です。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

発泡酒(24本)
Aコース Bコース
必要納税額 9000円 13500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 2700円 2700円
返礼品の価値 3600円 3600円
実質返礼率 40% 27%
差額(お得?) 900円 900円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 1800円 4050円
金銭的な恩恵 5400円 7650円
恩恵の割合 60% 57%
【備考】
本数が少なく、ダークホース?

他の返礼品と比べて価格が安いです。

その為か、恩恵の割合が若干上がります。

発泡酒が出たころはあまり人気が無かったのですが、次第にビールの売れ行きに追従するようになって第三のビールが出たときはさすがに驚きましたね。

次はその第三のビールです。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

金麦(48本)
Aコース Bコース
必要納税額 15000円 22500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 4500円 4500円
返礼品の価値 5600円 5600円
実質返礼率 37% 25%
差額(お得?) 1100円 1100円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 3000円 6750円
金銭的な恩恵 8600円 12350円
恩恵の割合 57% 55%
【備考】
もうちょっと安くなるかも※つまり、恩恵の割合が減る

これまでの物と比較して48本なのでなかなか暴力的です♪

因みにお買い得な感じはしていますが、去年までは10000円の寄付で48本ですので実質値上げですね。※値上げとかそういう考えの物ではないですが、今回はあえてこのような表現で・・・・

続いては酎ハイ系の氷結です。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

氷結系(48本)
Aコース Bコース
必要納税額 15000円 22500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 4500円 4500円
返礼品の価値 5100円 5100円
実質返礼率 34% 23%
差額(お得?) 600円 600円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 3000円 6750円
金銭的な恩恵 8100円 11850円
恩恵の割合 54% 53%
【備考】
第三のビールよりちょっと安い

若い人はビール系より酎ハイ系の方が良いかもしれません。また、去年はこれ系はなかったんじゃないかなぁ~

そして、アルコール度数的なお買い得度が高いのがこのストロング0系です。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

ストロング0系(48本)
Aコース Bコース
必要納税額 15000円 22500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 4500円 4500円
返礼品の価値 5500円 5500円
実質返礼率 37% 24%
差額(お得?) 1000円 1000円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 3000円 6750円
金銭的な恩恵 8500円 12250円
恩恵の割合 57% 54%
【備考】
第三のビールよりちょっと安い

私は9%を飲むとくらくらしてしまいますが、お買い得度が高いので割と好きです。

 

そして最後に、自分では絶対に選ばないけど、外では結構みんな選んでいるハイボール系が此方になります。

泉佐野市 ふるさと納税 300億円限定キャンペーンの比較

ハイボール(48本)
Aコース Bコース
必要納税額 15000円 22500円
返礼率 30% 20%
返礼率乗算 4500円 4500円
返礼品の価値 5800円 5800円
実質返礼率 39% 26%
差額(お得?) 1300円 1300円
ギフト券率 20% 30%
ギフト券額面 3000円 6750円
金銭的な恩恵 8800円 12550円
恩恵の割合 59% 56%
【備考】
ねらい目?

私はハイボールは味が苦手なので選びませんが単価130円前後と、その他の酎ハイ系の中で若干お高いけど値段が寄付金額が等しく設定されているハイボール系はねらい目かもしれません。

私は頼みませんが・・・

 

泉佐野市のページはこちら(Aコース):ビールとかチューハイとか

 

総評

AコースとBコース

今回、それぞれのコースをAコースBコースと表現してきましたが、正確には以下の名前です。

地場産品問題体験コース:返礼品(返礼率30%)+Amazonギフト券20%
経費50%問題体験コース:返礼品(返礼率20%)+Amazonギフト券30%

何を選ぶかによっても変わってきますが、アマゾンギフト券が欲しい人は経費50%問題体験コースを選んでおけば大体はOKですね。ただ、全体的に恩恵具合が下がる気がします。

逆に地場産品問題体験コースの方は配送月を7月以降にする条件が入ってしまいますが、恩恵が大きいかなと

家族構成によってお米やお肉がたくさんあった方が良い人やアルコールが良い人など様々だと思います。

期限が5月末日までですが、後半は駆け込み需要のせいで一気になくなったり予算がすべて使われる可能性もありますので、ギリギリにならないうちに申し込むことをお勧めします!

(´◉◞౪◟◉)

緊急事態!!

本日5/8、泉佐野市が6/1以降、制度の除外になる報道が発表されました。

急げ!泉佐野市のふるさと納税。除外前の駆け込みダッシュ!
泉佐野市のふるさと納税が制度から除外されることになりました。急ぐ人は本当に急ぎましょう!

あ、私、権利確定しました(^^;)

すみません。

ひとまず、私は大丈夫みたいです・・・

【確定】ふるさと納税の日付が確定する日付
総務省の「泉佐野市もう仲間はずれにするからね」という、結構きついツンデレ発表があって数日たちましたが、やっと安心できました・・・ (´◉◞౪◟◉)

 

 

激安品の紹介はこちらから

 

 

タイトルとURLをコピーしました