wmiの名前空間を確認してみる。 – ざったなぶろぐ
超特価クーポンを毎日アップロード!!ギアベストクーポン
謝罪会見後のフォロワー変化状況

闇営業の謝罪会見前後でフォロワー数を計測してみました。気持ち良いぐらい、ほぼ真垂直にグラフが傾いています。

くりっく

wmiの名前空間を確認してみる。

この記事は約 2 分で読めます。

今回の記事は名前空間についてです。

WMIC

現在地の確認 namespace

検索バーで cmd と入力し、コマンドプロンプトを立ち上げたのち、wmicを起動します。

起動したら wmic と入力します。

この様な形でWMICを起動できました。

ここで、以下の通りコマンドを打ってください。

path __namespace

はい。

この通り名前空間の一覧が出てきました。

ただ、この場所、実は階層の深い場所です。

トップから確認してみましょう。確認するためには名前空間の場所を変えます。

/namespace:\\root

場所が変わりました。

コマンドプロンプト上では何も返してくれなくて若干不安になりますがちゃんと変わっています。それでは改めて先ほどのコマンドを実行しましょう。

path __namespace

はいこの通りすべて出てきました。

それでは名前空間を CIMV2に変更してみてください。変更方法はもうばっちりですよね

/namespace:\\root\CIMV2

それではまた一覧を出力してみたいと思います。

path __namespace
はい!この通り初期値が出てきましたー!!

覚えないといけない事

たったの二つです。

  • /namespace:\\root
  • path __namespace

この二つを覚えておけば、名前空間の場所を確認するのに困らないと思います。

因みに以下の画像では何かエラーがでています。

何がだめなのかわかりますでしょうか?

↓以下、 root の前の ¥ が一個しかないですね。 つまり間違ったコマンドを打っています。

/namespace:\root
上側のコマンドは間違えてもエラーにしてくれないんですね。
関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
1.WMIを使う
kazuyoumeをフォローする
ざったなぶろぐ