phpmyadminのバージョンアップ(ソースから)
サジェストキーワード設定
TwitterBot

ツイッターbot作成

作成

phpmyadminのバージョンアップ(ソースから)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ubuntu20.04のaptではなくソースからインストールしている場合

簡単です。

ソースから入れている場合、いろいろな依存関係など無いため、ファイルの置き換えで終わります。

以下、 /usrs/shareに v5.1.2がインストールされていた場合です。

cd /usr/share/

mv phpmyadmin 512phpmyadminBackup

wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/5.1.3/phpMyAdmin-5.1.3-all-languages.zip
unzip phpMyAdmin-5.*
mv phpMyAdmin-5.1.3-all-languages phpmyadmin

これでアクセスしてみて問題が無ければ、古いファイルを削除します。

rm -rf  512phpmyadminBackup

しかし、ファイルの置き換えだけだからこそ、発生するエラーもあります。

追加の設定があるかもしれませんので、サンプルファイルからincファイルを作って、旧設定ファイルから必要な場所のみ狙い撃ちで移植しましょう。

詳細はこちらにまとめています。

設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。
phpmyadminの手動インストール障害対応 以下記事にまとめました。
タイトルとURLをコピーしました