稀少な昭和61年の10円玉は1.5万円!財布に眠ってい可能性大!? – ざったなぶろぐ
15000円が500円になるときって97%OFFらしいです・・
オンライン学習サイト

SQLを無料でオンライン学習

記事を開く

稀少な昭和61年の10円玉は1.5万円!財布に眠ってい可能性大!?

等価交換じゃない!!

SQL学習サイトオープン

SQLが自習できるサイトをオープンしました!!

そのなも・・・

Beginner SQL Learning

初心者向けSQL学習サイト

初心者向けSQL学習サイト

初学者はご活用ください。

( *´艸`)

丁度テレビで紹介されていた内容です!

希少価値のあるお金を額面以上の金額で買い取ってくれるとのこと。

ちょっと財布の中身をチェックしてみましょう!!

第5位:昭和32年の5円玉

現在と異なり、文字が楷書体で書かれています。

簡単な見分け方は国の漢字が國になっています。

24年から33年に造幣されており、32年の物が発行枚数が少ないとのことで高額で買い取ってくれます。

その額なんと10倍の 50です!!!

・・・・・・・

・・・・・

・・・

って、いわれてまぁ元の値段が安いから仕方ないですね

因みに33年だと無価値で5円だそうです。

第4位:昭和35年の50円玉

こちらは見た目で分かります。

サイズ:通常21mmに対して25mmもあるとのことで4mmも大きいです。

デザイン:両サイド菊の花が通常に対して、円の周辺全体に菊の花が咲いています。

34年~41年の 8年間のみ作られており、35年の物が発行枚数が少ないとのことで

100円で買い取ってくれます!

2倍です!

第3位:平成23~25年の50円玉

この三年間は電子マネーが普及し始めた頃で少額の貨幣が造幣されなかったみたいです。

その結果、一般用の物は0で貨幣セットでのみ作られたとのこと。極端に発行枚数が少ないらしいです。

なんと、1000円で買い取ってくれるとのことでその価値20倍です!

因みに1円、5円も同じ理由で発行枚数が少ないとのことで

1円は300円(300倍)

5円は800円(160倍)

の、価値です。

ただ、これらは貨幣セットの中身がばらされないと世間に流出する事はないのであまり見つける事はできないのではないかなと思います。

 

第2位:昭和62年の50円玉

此方も貨幣セットでしか作られていないとのことで、1500円で買い取ってくれます。※すみません2位は情報としては面白みに欠けますね・・・

それでは最後に栄えある1位の紹介です!!!!

タイトルとURLをコピーしました