【その1】sqlserver Selectクエリ(簡単な検索) – ざったなぶろぐ
15000円が500円になるときって97%OFFらしいです・・
オンライン学習サイト

SQLを無料でオンライン学習

記事を開く

【その1】sqlserver Selectクエリ(簡単な検索)

Selectしようぜ!

今後、何回かに分けてSelect文の書き方を説明していきたいと思います。

初めの方はたいしたことは書きませんが、そのうち

お!

っというような内容に変えて行こうと思います。

それではまずはいつものやつを起動して上位1000行出してみてください。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”02ukiyoe/taro_R.png” name=”たろさん”]いつものやつってなんなん?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”02ukiyoe/yukiji_L.png” name=”ゆきじさん”]SSMSやっ!ちゃんとおぼえときー[/speech_bubble]

ちゃんといつもの形が出てきましたね。

それでは前回までの記事でも何回かやっていますが、SQL文を編集しましょう。

いらなそうな「data(n)」と初めの方にあるコードやカナの情報は削除してください。

こんな感じですね。

※コードも書いておきます。

/****** SSMS の SelectTopNRows コマンドのスクリプト  ******/
SELECT TOP (1000) [全国地方公共団体コード]
      ,[旧郵便番号]
      ,[新郵便番号]
      ,[かな町域名]
      ,[かな都道府県名]
      ,[かな市区町村名]
      ,[漢字都道府県名]
      ,[漢字市区町村名]
      ,[漢字町域名]
      ,[data1]
      ,[data2]
      ,[data3]
      ,[data4]
      ,[data5]
      ,[data6]
  FROM [test001].[dbo].[yubin]

 

SQLのお仕事は検索をすることです。その他の言語に比べて取っつきにくい分、この何かを検索することについては、非常に賢いです。※DBは基本検索を行うのが当たり前ですが、一部、検索がへたくそなDBも実は存在します。

 

それでは今回は上記画面に表示されている情報で、検索を試してみたいと思います。

今回は[漢字都道府県名]が【秋田県】のデータだけを取得してみましょう。書いてみると以下の通りになります。

/****** SSMS の SelectTopNRows コマンドのスクリプト  ******/
SELECT 
       [旧郵便番号]
      ,[新郵便番号]
      ,[漢字都道府県名]
      ,[漢字市区町村名]
      ,[漢字町域名]
  FROM [test001].[dbo].[yubin]
  where [漢字都道府県名]='秋田県'

一番下の where [漢字都道府県名]=’秋田県’ が検索の条件を指定した部分ですね。

また、実行結果については以下の通り、漢字都道府県名が秋田県の情報だけ出ているようです。

今回は初回なのでこの様な簡単な形で終わりたいと思います。

ここから先はどんどん難しくしていくつもりなので置いて行かれないように頑張ってみて行ってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました