OracleのFreeTearを活用して作るLAMP環境(セキュリティ対応) – ざったなぶろぐ
サジェストキーワード設定
短縮url

和名OK,解析OK,編集OK,クッションOK

短縮!

OracleのFreeTearを活用して作るLAMP環境(セキュリティ対応)

LAMP環境のセキュリティ設定を行っていく

全開、LAMP環境を初期設定でいろいろ入れてみました。

OracleのFreeTearを活用して作るLAMP環境
VPSとして非常に高性能で且つ、使いどころを考えるOCI arm64の扱いどころの難しさ 24GBマシンと言えば、OCI。 VPSではありませんが、難易度が通常のVPSの100倍ぐらいあるV...

ここから最低限、セキュリティ設定を厳しくしていきたいと思います。

apache2

ディレクトリの一覧表示を隠す

現在標準設定で以下のような構成です。

以下のように、ディレクトリ直アクセス時に構成は見えてほしくありません。

ディレクトリインデックスは以下のファイルを編集します。

/etc/apache2/apache2.conf

変更前

変更後1

まず使わないディレクトリ構成をすべて削除します

変更後2

Indexesのを消します。

コンフィグテストを行って、 Syntax OKだけ表示されればOKです。

apache2ctl configtest

図では別のエラーが出てしまっていますが、こちらで修正します。

AH00558: apache2: Could not reliably determine the server’s fully qualified domain name, using 127.0.1.1. Set the ‘ServerName’ directive globally to suppress this message

 

サービスの再起動を行います。

systemctl reload apache2.service

これで、同じようなアクセスをしても一覧表示はされなくなります。

バージョン情報を隠す

脆弱性対策として、バージョン情報は見えないほうが良いです。

apache2.confに以下1行書き足します。

ServerSignature Off

コンフィグのテストと、再起動を一気にやります。

apache2ctl configtest && systemctl reload apache2.service

不要な情報の削除に成功しました。

存在しないページのアクセスを飛ばす

存在しないページにアクセスすると以下のようなメッセージが表示されます。

Not Found

The requested URL was not found on this server.

オリジナルの404ファイルを作成してindex.htmlと同じフォルダに 404.htmlとして作成し、

apache2.confに以下1行書き足します。

ErrorDocument 404 /404.html

コンフィグのテストと、再起動を一気にやります。

apache2ctl configtest && systemctl reload apache2.service

設定自体は成功しましたが、404.htmlを作っていないのでエラーになります。

簡易的に作ります。

 

再起動後、内容が変わりました。

あとは、この内容にどれだけ力を入れるかです。

参考

簡単で効果的!404エラーページの作り方と設定|Enazeal Engineer BLOG
404エラーはサイトからの離脱を招くうえに、ユーザーにとっては無用な体験です。 今回は、404エラーが発生する原因から、404エラーページの設定と作り方について紹介致します。

 

このほかにも各種セキュリティ設定を実施する必要がありますが、

保存していない状態で記事が消えてしまいました。(😿)

後日、別記事にまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク
OCI
kazuyoumeをフォローする
ざったなぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました