SimpleAnalyze 広告が無いアクセス解析アプリ – ざったなぶろぐ
Twitterランキング※MarriaDBのレコードは800万Over!!
無料ホームページサービスのEHP

ストーリーズ機能が加わりました。

ストーリーズを開く

SimpleAnalyze 広告が無いアクセス解析アプリ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

広告が表示されないアクセス解析アプリ SimpleAnalyze

アクセス解析アプリを紹介します。

サイトを立ち上げたばかりの人向けのアクセス解析アプリ【SimpleAnalyze】を紹介します。

まず、現在有名どころとして以下のアクセス解析アプリがあります。

まぁ有名どころはここいらですかね。

特にGoogleAnalyticsを入れておけば基本OK的な風潮がありますが、ぶっちゃけ以下の問題が大きいです。

  • 規模が大きすぎる。
  • 設定が難解
  • 反映が遅すぎる

これ等の問題を解消できる有名どころのアクセス解析ツールとして有名な物が

アクセス解析研究所

です。

正直GoolgeAnalysticsより使いやすいです。

そのため、基本的にはこのアクセス解析研究所をがあればOk的な感じですが、Analysticsでも研究所でも苦手な物があります。

それは回遊しなかったアクセスの分析です。

回遊の分析もしちゃおう

まず、回遊の前に直帰率のおさらいですが、直帰率はそのサイトに遊びにきて、サイト内の別のコンテンツを見なかった場合に上がる物です。

良し悪しで考えると直帰率が高いからと言って悪いわけでは無いですが、閲覧しているその1ページがサイト全体を魅力的だと思わせるには不十分だったことになります。

それでは次に回遊ですが、基本は直帰率で考える、その他のページを見たか否かの話で考えるものです。

しかし、今回ご紹介のSimple Analyzeはその他のページを見たか否かではなく、そのページ内で回遊を行ったかどうかを見るための物となります。

なので、例えばアクセスの解析を行って回遊が発生していないようだ・・・とがっかりするも、実はそのページだけをめちゃめちゃ何度も上に行ったり下に行ったりしている可能性もあります。

→つまり、良質なコンテンツだという事が分かるという事です。※普通のアクセス解析だと、1ページ見られたという事実だけで、どれだけそこに滞在していたかまでは分からないですよね?

SimpleAnalyzeでアクセス解析

こちらより

シンプルアクセス解析
シンプルアクセス解析

基本画面

時間帯別に何時にアクセスが多かったかを視認します。

アクセス解析を時間帯別に実施。バーグラフで何時にアクセスが多かったかを視認可能

回遊状況

直帰した場合、以下の画像の25秒は分からないです。このページから別のページに遷移して初めて取得できます。SimpleAnalayzeはその情報を計測します。

※Becon型ですので当然、取りこぼしもあります!

どこまで見たのか

この画像の場合、約75%ぐらいまで見ている事になりますね。そして、45%ぐらいの場所に赤いバーがあります。この場所付近での滞在が多かったという事ですね。※ページの最下部に気合の入ったコンテンツを準備していても見られていないという事です。

深度を計測。直帰だと思っていたら実は長い時間滞在していた場合などの計測が可能

また、同じ人がサイト内を回遊(通常用語の回遊)しているのが画像の下部より分かります。

因みに上記はこちらになります。

被リンク

アクセス元が分かります。

※Googleはリファラーの制限で検索用語が取得できませんが、それ以外は確り取得しています。

直帰具合

緑色が直帰で水色が回遊したアクセスです。

上記の場合、( ;∀;)という事ですね!

デバイス割合

どのデバイスからアクセスが多かったのか視認可能です。

上記の場合、パソコンからのアクセスが殆どという事になります。

 

フィルター

アクセスが多いと思ったら実はBotだった!なのか、Botが遊びに来てくれていない(涙)をワンタッチで切り替えできます。また、沢山アクセスが来ている!と思ったら、殆ど自分だったという悲しい状況の分析も可能です。

 

解析タグ

ビーコン型の為、解析タグの設置が必要です。

WordPressならテーマエディタより

↓フッターに挿入してください。

※ヘッダーではないですよ!

ライブドアブログなら以下のような設定よりBodyの終了タグ直前に挿入してください。

その他ブログサービスでも基本は同じです。

 

サイトを立ち上げたばかりのまだサイト規模が小さい管理者さんはぜひ使ってみてください。

シンプルアクセス解析
シンプルアクセス解析

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました