2019年2月格安SIM※大手と速度比較⇒押しはエキサイトモバイル – ざったなぶろぐ
より分かりやすく!格安スマホのギアベストクーポン紹介ページリニューアル!!(毎日更新です!!)
アイドルランキング

メジャーどころからマイナーな子まで、人気順でランキング!

グラフを見る!!

2019年2月格安SIM※大手と速度比較⇒押しはエキサイトモバイル

この記事は約 13 分で読めます。

このサイトでは格安SIMについて説明していきます。なるべく情報は細心に保つつもりですがこの業界は情報が物凄い勢いで変わっていきます。

※2018年7月2日時点で、各社特段の変更点は無いみたいだったんですが、管理人お勧めのExciteSimで個別キャンペーンの案内が来ました。!!下の個別紹介のところに追記しておきます!

最新の情報は常にメーカー公式ページで確認してください。

格安SIMとは?

MNO MVNO MVNE について

普段あまり耳にする機会は無いと思いますが、最近は市民権を得てきたみたいでMVNOという言葉は結構聞きますね。ただ、MNOやMVNEなんかは聞いたことが無い人が多いと思います。

それぞれの違いはあまり細かく記載しませんが図にまとめると以下のような感じになります。

MNOとNVNEとMVNO

移動体通信事業者 MNO(Mobile Network Operator)
仮想移動体サービス提供者 MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)
仮想移動体通信事業者 MVNO(Mobile Virtual Network Operator)

MNOはわかりやすく言うとドコモとかソフトバンクなど、メジャーなキャリアを指します。自前で回線を持っているところですね。

また、最近のニュースで2019年10月を目途に楽天がここに参入してこようとしています。

次に、MVNOですが、MVOから回線を借りて消費者に提供している会社を言います。

それではMVNEですが、ちょっとだけ複雑です。無理して覚える必要はありませんが、MVNOとして回線を利用者に払い出す際にMNOに対して結構いい金額を支払う必要があります。体力がない会社の場合は、これが結構負担になったりするわけです。そこで登場するのが体力を持つMVNEですね。この位置に来る会社は体力が少ないMVNOに対して自社で仕入れた回線を提供いたします。また、MVNE自体がMVNOとして回線を提供する事もあります。

大手との比較

月額料金が6000円も安くなる!?

ハッキリ言って安いです。

激安格安sim

大手の場合、通話料+パケット代で8000円前後になることが多いと思います。

しかし、MVNOにした場合はだいたい2000円前後になるみたいですね。当然利用状況によって左右される範囲は多いと思います。

  • 通話を沢山する人
  • 通話はほとんどしない人
  • パケットを沢山使う人
  • パケットを使わない人

細かくは、やはり個人個人の事情に従って考えた方が無難です。

回線の品質は大手と一緒!?

回線については基本的に同じものを利用していますので、良い悪いということは無いと思います。実は私も格安SIMの利用者ですが特段遅いと思ったことは無いですね。

ただ、一部格安SIMで物凄くスピードが出ないといった話を聞いたこともありますので各社のレビューはしっかり見て慎重になってもらった方が良いかもしれません。

※回線は同じでも各回線業者の設備に依存する何かがあったんでしょうね

また、一番大きく変わってくるのは利用方法ではないでしょうか。例えばテキストサイトやLINE利用が中心の方とYoutubeで動画をガンガン見るぜ!な人を比べれば当然、後者の方は遅く感じるかもしれません。

 

サポートは無くても大丈夫!要らないぜ!!な人向け

ここは結構大事ですね。しっかり考えないといけないところです。

比較表

まず、Docomoなんかの大手はすべてがパーフェクトです。最近ドコモショップに遊びに行ったのですが、受付のマシンで受付票を発行しようとしたところ、「本日は何のご用件でしょうか?」とそそくさと現れて要件を聞くと自分で発券機を押して受付票をくれました。そうなんですよ、発券機を押させてくれませんでした。※なかなかやるぜ!!

電話の応対もメールでの返答もすべてがしっかりしている感覚です。こう言った物もやはり設備投資のなせる業です。また、その設備投資に多額の金額をかけているからこそ大手の値段になってしまうんでしょうね。

☆コラム☆

ドコモショップで「機種変時のデータ移行はご自身で」と案内があることがあります。これはおじいちゃんとか不慣れな人には難しいと思います。例えばDocopyなんかそれなりの年代の人であっても使える人はいないのではないでしょうか?冷たいなーと思っていたのですが、これにはちゃんとした理由があるみたいで、最近のDocomoショップの混雑具合は異常です。機種を購入するための待ち時間が180分等の場合があります。どこぞのネズミの国の乗り物に乗る時の時間と同じくらい待たされます。最近では前日までの来店予約などもできるようで、がんばってはいるようですが、それでも遅すぎです。この長時間になってしまうのが手厚いサポートを行った結果みたいですね。そのため、「機種変時のデータ移行はご自身で」はちょっと残念ですが仕方がないみたいです。

話し戻しまして、次にMVNOを見てみましょうか。

まず、店舗がありません。すべてインターネットです。必要書類の提出も郵便だったり、最近ではスマホで撮影して電子データで送付する場所もあります。※これはこれで効率的で良いとは思いますが。

※楽天モバイルやUQモバイルなどは地道に店舗を増加中です。

なので、

  • ちょっと操作がわからないんだけど
  • 目覚まし時計の設定を変えたいんだけど
  • 壊れてしまったんだけど、どうしたらよい?

これ等の問題はすべて自力で解決しなければなりません。

人によるとは思いますが、高齢の方や不慣れな方にはつらいのではないでしょうか?個人的には高齢者の方などに利用させるのは如何なものかと思っています。

※ただ、このBlogを見ている程度にスマホをさわっているのであれば全然問題無いでしょう。

ネームバリュー

まず、大手で比較したいと思います。

DoCoMo >> au  >> SoftBank >> Y!mobile

といったところでしょうか?ドコモテレビCMとかやってますから知らないところは無いでしょうね。

それでは格安SIM業者はどうでしょうか?

  1. Exciteモバイル
  2. マイネオ
  3. DMMモバイル
  4. DTI
  5. OCNモバイル
  6. IIJ

何らかの形で耳に入る事はあるかもしれませんが詳しくは知らない人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

これが大手のネームバリューの力ですね。やはり知っていると安心で、知らないと不安になる物です。

これは、申し訳無いのですが、自信をもって「大丈夫だよ!」と言えるほどの根拠はありません。ただ、格安SIMの会社で倒産したと言った話を聞いたことが無いのも事実です。また、不謹慎ですが仮に倒産したからといって何かダメージはありますか?特にないですよね・・・

なので、個人的には心配しなくて良いと考えています。

 

通信速度はどれくらいなの?

これは実績のデータで比較してみたいと思います。

  1. 大手A社
  2. 大手B社
  3. 格安C社

この様な形でスピードテストしてみたいと思います。ちなみに比較は2018年5月20日の朝方で、この日は祝日となります。場所は関東近郊です。

因みに、世間のイメージとしてはこんな感じなのかなと思っています。

データが軽いコンテンツを見るとき

Youtubeなどを見て重めの通信を発生させるとき

ただ、管理人の予想としてはこんな感じなのかなと

つまり重い時は重いし軽い時は軽い!!

こんな結果に落ち着くのではないでしょうか

と、いう事で実験してみました。

実験に使ったソフトはAndroidの Speeadtest というアプリです。実験を行った場所は祝日の午前中で場所は関東近郊となります。

まずは自宅の光回線!!!

爆速です。

当たり前ですね。ただ、比較が目的ですので一応載せておきます。

光回線の通信速度

大手のNTTドコモ

なかなかこれはいいスピードが出ているのではないでしょうか?

ドコモの通信速度

 

ふてにゃんでおなじみY!mobile

ぬぉ!ダウンロードの速度がめちゃ早い!!ドコモの 3/2でてますね大体同じぐらいの速度になると思っていたのでこれはちょっとびっくりですね。

ワイモバイルの通信速度

 

 

最後はみんなが気になる格安SIM

こんな結果になりましたー!

格安simの通信速度

大手と比べると速度は落ちるようですね。

4社のまとめ

4社の結果をまとめてみると以下の通りです。

光回線と比較すると、どこもあれですが、やはり大手は通信速度は速いようですね。

通信速度の比較

格安SIMは遅くてこれじゃ使い物にならないですね♪

 

とみさん
あんた何言うてんの?もう一個の実験の結果出しなはれ!!

Youtubeを格安SIMで見てみました。

速度ですがスイスイです。まったくカクカクしませんでした。

これはある動画を流した時のプログレスバーを拡大表示した物です。

再生した瞬間の画像ですが、これは最後まで追いつかれることなく、先に事前読み込みが右端までたどり着きました。

動画その物の画像品質が高ければまた違うかもしれませんが、普通の動画を見る分については格安SIMでも十分と言う事ですね。※芸能関係のPV動画です。

 

各社毎の比較

 

比較表※2019年2月時点

手っ取り早く比較表にしてみました。3GB利用前提の値段ですがDTIさんに軍配があがりましたね。

ただ、私のお勧めは違います!!普段は愛よりもお金が大事だ!!と言っているのですが、お金よりも大事なものがありました!!!

詳細は各社の紹介ページで

社名 3GB料金 備考 アクセス(クリックするとHPに飛びます。)
エキサイトモバイル 3GB料金

880 円

音声通話

700円

合計

1580円

 

 

記載の料金は従量制また、最大5枚持てる エキサイトモバイル
楽天モバイル 3GB料金

900 円

音声通話

700円

合計

1600円

通信は3.1GBでちょっとだけお得 対応端末
マイネオ 3GB料金

900 円

音声通話

610円

合計

1510円

Dプランの場合Aプランはちょっとだけ安い
mineo Aプラン デュアルタイプ 1GB
DMMモバイル 3GB料金

850 円

音声通話

650円

合計

1500円

複数SIM可能だが8GBから 格安スマホなら!DMMモバイル
OCN モバイル 3GB料金

1100 円

音声通話

700円

合計

1800円

日毎に通信の上限をもつプランもある。 OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!月額1,980円(税抜)~
DTI 3GB料金

840 円

音声通話

650円

合計

1490円

10年以上前にお世話になってました DTI
nuro mobile 3GB料金

900 円

音声通話

700円

合計

1600円

安心のSony ソニーネットワークコミュニケーションズ
UQmobile 3GB料金

980 円

音声通話

700円

合計

1680円

ガチャピンさん、ムックさん、 auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

 

 

 

No1お勧め!! エキサイトモバイル

 

はい!実はここまでで実験で使ってた格安SIMの会社は此方のエキサイトモバイルです。自分で使っているのでお勧めするのも当たり前ですね。

エキサイトモバイル

昔はエキサイトモバイルは値段でも最安値だったんですが、気づいたらDTIさんに負けちゃってますね。ただ、エキサイトモバイルを押す理由ですが、恐らく最後に皆さん同じ意見になってくれると思っています。

複数SIM契約時の1枚当たりの値段が安い!!

これが管理人にとって一番ニーズが大きかった内容です。携帯電話の所持数は現在一人一台以上の時代になっています。

  • 2年契約で他社にMNPする人
  • 機種変更の時期に他社に乗り換える人

こういう人って、古い携帯電話余っていませんか?余っていますよね!

複数SIMを契約する事によって古い電話にまた生命を吹き込んであげる事ができるのです!!

月額料金8000円払っていると、流石にもう一台ってわけには行かないと思いますが、このエキサイトモバイルの3枚SIMを契約するとデータ通信専用ですが1,550 円と、一枚当たり約520円で利用する事ができます。(3GBを3枚のSIMで分け合います)

  1. 古い携帯もなんとか利用したい人
  2. 子供たちも欲しがっているが値段を抑えたい人

どうでしょうか?当てはまりませんか?

 

No2お勧め!! 楽天モバイル

 

滑り込んできましたよー

対応端末

2位の楽天モバイルです。ここがお勧めになるのは今から格安SIMを使おうかな?と思っている人だけです。料金面では、ほぼほぼ横並びの格安SIM業者ですが楽天モバイルは

  1. 格安SIM業者だが、親会社が有名すぎる
  2. キャンペーンをバシバシ売ってくる
  3. 年4回ぐらいセールを行うが、セールを行った時の端末の安さが半端ない

この3個目の理由ですが、これを見てください。

ん?

ん?

ん?

35円!?

 

お、おふぅ・・・

でも、よく見たら分割って書いてますね。卑怯だな・・・・2年つかう前提で×24すると・・・・

 

840円!!!

※実際には細かい値段が異なりますが、誤差の範囲で・・・

 

ハッキリ言って間違いなく、最安値です。格安SIM業者についてはそれなりに目を光らせているつもりですが楽天モバイルはセール時にほぼほぼ毎回こういうふざけた事してきます!飛びつかない理由は無いですね!

因みに、毎回激安で販売される対象端末はロースペックな事が殆どです。※たまにミドルスペックを滑り込ませてきます。この端末も当然ロースペックです。過度の期待は禁物です。

※ロースペック端末でもLINEやBlog,SNS等をするだけなら問題ありません。問題が出るのは近頃はやりのポケモンGOやFGOデレステ等、パワーを必要とするゲームをするときぐらいです。

7/2追記

何とビックリ、値上がりしてますね・・・・・・

それでも安いと言えば安いのですが、何かこの値段で買ってしまうと負けた感じがしますね・・・・

7/14追記

実店舗にぶらり旅したタイミングで激やばセールを聞いてしまったので

個別記事で紹介しています。

プラス割 楽天モバイルで本当にあった激やば案件の話【実話】+後日談
これは自分と知人が実店舗に入って見事にやられてしまったお話です。ハッキリ言って宣伝してなさすぎですが!もしかしたら緘口令が敷かれているかもしれません。もしくは店舗個別の施策だったかもしれません。今のご時世では珍しいユーザーファーストの会社でした。

 

 

No3お勧め!! DTI

ここからは各社独自の取り組みが競争の争点になってきますね。

DTI

その中でも市場のニーズが大きいのかな?と思うのは此方の

YouTube見放題

これは結構需要が大きいのではないでしょうか?たまたま自分はあまり動画サービスを外では見ようと思わないので重きを置きませんでしたが、人によってはこれはクリティカルヒットではないでしょうか?

No4お勧め!! DMMモバイル

FXやビットコインなどでCMを沢山やってますので知っている人は多いのではないでしょうか

格安スマホなら!DMMモバイル

此方はSNSの通信が無料になるみたいですね。

ただ、HPにどれぐらい容量の削減ができるのか説明するページが出ていましたが、ちょっと・・・・ です。

そこそこ削減はできるとは思いますが、DTIのyoutubeの通信を削減してくれる物と比較すると削減レベルはやはりDTI側に軍配があがりますね。

その代わり、DMMモバイルは私が重要視している複数SIMの設定があります。しかも値段はGB単価で行くと一押しエキサイトモバイルよりも安い!!!

おう!!安い!!! これはこれは

と、いうことで何らかの理由で格安SIMを乗り換えたい且つ、容量を増やしたいと思っている人はDMMモバイルはありですね!

 

上の方でも書きましたが格安SIMを選ぶときはその人の個人個人の事情もかんがみないとだめです。それこそ夫婦の数、子供の数、親の数、あと学割適用の可否など様々な要件をかんがみないとだめです。値段だけならお勧めNo1ですが、私の場合は8GBも不要なため、DMMモバイルが1位になりませんでした。複数SIM且つ、沢山容量が欲しい人はお勧めのプランです。

7/2追記

あれ?これって先月はなかった気がしますね・・・・

SNSをメインで使っている人はこのオプションは厚いのではないでしょうか?

250円で、SNSが使い放題になればプランを下げる選択肢がでてきますね。

SNSヘビーユーザーの方は一考しても良いかもです!

 

総括

格安SIMは各社かなりの努力をされておりまして値段についてはあまり比較の対象にしなくて良いと思います。定期的に実施されるセールの内容や複数SIMが契約できるか?等の、その他の要因に着眼して決めて行った方が良いでしょう