データの一括登録 SQLServer2019 – ざったなぶろぐ
超特価クーポンを毎日アップロード!!ギアベストクーポン
あさりの消費量日本一は実は静岡県!?

病気や年収、消費、人口動向等いろいろな情報をグラフで表示して分析します!まずはご自身がお住いの都道府県をチェック!

くりっく

データの一括登録 SQLServer2019

この記事は約 2 分で読めます。

データの一括登録

Sql server2019でデータの一括登録

どうもー久しぶりにSQLserverの入れ替えをしてみたkazuyoumeです。

今回は2014から方法は変わっていないのですが、SQL server2019での一括データ登録方法を説明します。

CSVデータの準備

お手頃なデータとして郵便局からデータを頂きます。

事業所の個別郵便番号のダウンロード zip形式 - 日本郵便
配達物数の多い大口事業所を表す個別の郵便番号のデータをご提供しています。

今回はここから、事業所データを頂いて登録してみたいと思います。

 

一度エクセルで保存する。

量が多いデータを一括登録する場合、失敗する事が殆どです。

一度CSV形式からxls形式に変化してこの形でデータ登録を行います。

↓こんな感じで

 

それでは一括登録をしたいと思います。

一括インポートツール

SQL Serverを起動しデータベースを右クリックした先のメニューにある

データのインポートをクリックします。

今回はExcel形式からの導入のため、データソースはMicrosoftExcelにしています。そして登録先にはSQL Server Native Clientを選びます。

上側のポチを選びます。

 

必要であれば細かく設定しますが、Excelで既に幅なり形式がきまっていますのでSQLサーバーを信じて、設定変更なしでそのまま投入します。

直ぐに実行します。

だいたい、この様な形で一発成功です。

正しくデータが反映されているか確認します。

一度最新のデータに更新して・・・・

 

正しく表示されましたね。

上位1000行を見てみます。

 

この通り、正しくデータも登録されています。

Select文に赤波線がでて気になる人は

CTRL+Shift+R

で消す事ができます。

こんな感じでーす。

はい!

データの一括登録ですが簡単ですね!

(´◉◞౪◟◉)

 

 

関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
9.SQLその他
kazuyoumeをフォローする
ざったなぶろぐ