portal.azure.com Computer Vision APIを利用するまで – ざったなぶろぐ
超特価クーポンを毎日アップロード!!ギアベストクーポン
あさりの消費量日本一は実は静岡県!?

病気や年収、消費、人口動向等いろいろな情報をグラフで表示して分析します!まずはご自身がお住いの都道府県をチェック!

くりっく

portal.azure.com Computer Vision APIを利用するまで

この記事は約 3 分で読めます。

利用開始までのステップ

Step1 説明

この記事ではComputer Vision APIを利用するまでの過程を説明します。

 

Step2アクセス

今までの人生でマイクロソフト系のアカウントを取得したことがある人は多々いると思います。

特に最近のWindows10等はアカウント取得がほぼ必須のような感じですので、MACユーザーとかでない限りは殆どの人が権限保有者ではないでしょうか?

あまり深くは考えずに以下URLにアクセスします。

Microsoft Azure

最近デザインがちょっと変わった感じですかね?

ポータルにログインができます。

 

Step3 リソースの作成

左上のリソースの作成を展開し、Computer Vision APIで検索します。

Step4 確認

このような形で検索すると出てきます。

こんな感じで表示されます。

 

Step5 有効化

つらつらと説明がありますが、下部の作成ボタンを押下します。

Step6 無料期間のスタート

無料で開始するをクリックするとスタートします。

スタートしてよい人だけ進めてください。

 

Step7 で、だましに飛ばされる

ここまで引っ張っておきながら別サイトに飛ばされます。

飛ばされるのですが英語サイトですので、日本語サイトのリンクを乗っけておきます。

Azure の無料アカウントを今すぐ作成しましょう | Microsoft Azure
200 米国ドルのクレジットで 12 か月の無料サービスの利用を開始できます。Microsoft Azure の無料アカウントを今すぐ作成しましょう。

にほんごになりましたか?

 

初めは無料で大丈夫だと思います。

 

Step8 22,500 のクレジット

ちょっと短いですが、30日間使えるクレジットがもらえます。

再度ですが、開始してよい人だけ進めてください。

 

このあとSMSの送信など何個か本人確認フェーズが続きます。

↓こんな感じで

 

Step9 突破完了

とっぱしました。

ここから残りのライフタイムがカウントダウンし始めます。

( ;∀;)

それでは改めてポータルへの移動です。

Microsoft Azure

 

Step10 改めてコンピュータビジョンの作成

改めて検索してコンピュータービジョンを使えるようにします。

 

 

Step11いろいろ入力

いろいろ入力していきます。

 

Step12 適当入力

お金のところ以外は適当で大丈夫です。

 

Step13 リソースチェック

出来たのかできていないのかよくわからない感じになります。

このリソースチェックを押せば状況の確認が可能です。

↓このような形ですね。

APIの有効化までについてはこんな感じです。

(´◉◞౪◟◉)

 

関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
技術系
kazuyoumeをフォローする
ざったなぶろぐ